<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

シェアするということ

楽しいこと、嬉しいこと、それらを人に話したり、ブログにアップしたりする
聞いてくれた、読んでくれたみんなが良かったねと言ってくれること、
どうだった?と反応してくれること、それが余計に体験や思い出をいいものにしてくれる
嬉しいことをシェアするのは心躍る
嬉しいことをシェアしてもらうのも心楽しい

悲しいこと、苦しいこと、それらはなるべく自分の中に閉まっておこうとする
話をすることも活字にすることも辛いから
そして聞いてくれた、読んでくれたみんなが励まそうとしてくださる言葉さえ
きちっと受け取る自信がないから
悲しみを、苦しみをシェアすることはなかなか私にはできないこと

しかし、その小心者の私にはできないシェアを、本でブログでしてくださる人たちがいる
最初、そういう人たちに出会った時は、強い人なんだと思っていた
悲しみを跳ね返せる人なんだと思っていた
でも、確かに強いことは強いのかもしれないけど
跳ね返す強さなのではなくて、受け入れる強さなんだ、って気付いた
ご自分の悲しみをみんなでシェアしてもらって、同じように辛い人たちに
苦しいのはあなただけではありませんよ、一緒に乗り越えて
明日の元気にかえていきましょう、って手を差し伸べる、
自己のみの世界から脱した大きな優しさなんだとも思った

ありがとうございます
私もそういう大きな心を持てるように努力したいと思います
(感じたことを忘れないようにここに書きとめておきます)

エルは実際的な生活ではもう手がかかってかかってしょうがないけれど
(一説には私が原因とも言われていますが)
たくさんのことに気付かせてもらっているね・・・・
これからもよろしくね
d0120388_10374395.jpg

[PR]

by ellemaman | 2007-06-28 10:41  

初二人乗り?

今日は初めて私とエルだけで電車でお出かけをした。

2~3年前は電車での移動時とても静かでお利口だったのに、
去年の秋にエル姉と新しいキャリーカートで出かけた時、
終始フンフンアンアン高い声で鳴き、これから電車での移動はできないのかと
真剣に悩んだ。

で、「おそらく昔使っていたバッグなら大丈夫なのでは?」と思いながら、
その後バッグを使って外出する機会もなく、確かめることができずにいたのだが、
今日のお出かけ時にやっと試してみるチャンスを得た。

結果はもうバッチリ!ほとんど鳴くこともなくずっといい子のエルだった♪
古い方のバッグを買った時、エル姉が慣れさせようとまだ1~2歳だったエルを
おやつでつって、毎日バッグに入る訓練をしていたのを思い出す。
そしてこのバッグで北海道にも行ったっけ・・・・。
エルは覚えていたんだ。このバッグに入れば一緒に連れて行ってもらえる、
そういうふうに理解して、今回もおやつなどなしに進んで出入りしてくれた。

新しいもの・新しい環境に対する不安が、ワンにとっては人間が想像しているより
強いことはこれまでエルが何度も証明して見せてくれたが、バッグのことでは
逆のパターンでそのことをさらに思い知らされた。
せっかく買ったキャリーカートも、あきらめず少しずつ慣れていくよう訓練をすれば
大丈夫かもしれない。
またエル姉に訓練をお願いしよ~っと♪

というわけで、今日は都内のカフェでミューちゃんと初対面!楽しいひと時を過ごした。
ishiminさん、旦那様、暑い中ありがとうございました♪

d0120388_21173528.jpg

さすがにキャバリア、なかなか二人が同じ方向を見ず・・・・

d0120388_21175873.jpg

しかたなく一人ずついいお顔をア~ップ♪まずはミューちゃん☆

d0120388_21181627.jpg

そしてエルでした☆
[PR]

by ellemaman | 2007-06-23 21:23  

エルの安全地帯

少し前の雷が酷く鳴った日のこと。
エルはともかく窓のそばを離れたがって、私達のところにも
擦り寄ってくるのだけど、最終的にはエルのなかで一番安全だと思っているらしい
食卓椅子の下にもぐるのがいつものパターンだった。
しかし、その日は器用にも椅子と椅子の隙間に入り込んだ(笑

d0120388_21573360.jpg

きれいにはまっているでしょ?

d0120388_2159952.jpg

横から見るとこんな感じ。

d0120388_21575869.jpg

前から見るとこんな感じ。

確かに、怖い時何かに囲まれるように狭いところに入るとなぜかほっとするものね。
自然の中の動物達も嵐の時は洞窟や土の中の狭い巣穴でひっそりと嵐が過ぎるのを
待つから、エルも同じなのだろう。
このかわいい姿が見たくて、ついつい雷がもう少し強く鳴ってくれないかな~なんて
夕立の度に思ってしまう私はいじわるかな?(笑
[PR]

by ellemaman | 2007-06-18 22:12  

祝エル5歳!

約1週間前くらいからひき始めた喉風邪がどんどん悪化をたどり
熱こそないものの、私にとっての最大最悪の咳地獄に突入した(笑

まず、絶え間ない咳はもちろんのことだが、でも、これはかわいい方。
問題は突然やってくる発作性の「むせこみ」である。
これは一度始まると、もう誰にも止められない。
喉のお怒りが納まるまで、私はあふれ出る涙と鼻水とで顔中をぐちゃぐちゃにしながら、
胃が上の方に押し上がってくるような吐き気に何回も耐え、
時には大声で「ハッ!」とか「オウェ~!」とか言葉にならない言葉を発し
七転八倒するのである。

この5分ほどの発作が家の中で起きてくれればまだOKである。
今回はすでに、外で頻発。
運転中に起きた時は急いで駐車場に入り込んで事なきを得た。
買い物中は、お店の隅に駆け込んでしゃがみ、ひたすら発作が通り過ぎるのを待った。
一度は店員さんと話をしている最中に来て、すみませんちょっと・・・とあわてて
その場を離れた。あまりにも突然だったから、店員さんビックリしただろうな~(笑

こういう発作が起きる時の共通した原因は、はっきりしないのだが
よく考えてみると、やはり衣料品やホームセンターの品物から出る
化学物質のような匂いとか、隣に来た外国人女性の香水とか、
あるいは自分の家で作ったキムチ鍋から飛んだ唐辛子成分とか、
そんなものが発作を誘発する場合が多いことが分かった。
普段なんでもなくても、喉の粘膜が荒れて敏感になると、こんなに不自由するのだ。
私にはもともとのアレルギーは今のところないが、これが日常茶飯事だったら、
本当に薬に頼らなくては普通の生活はやっていけないなと、
その大変さが少し分かったように思う。

で、そんなこんなで日記が全く更新できずにいたうちに、
なんとこの日記の主役であるエル様のお誕生日を迎えてしまった・・・・。
ジャストの6月11日に「お誕生で~す!」なんて記事をアップしたかったのに、
ママンの不徳のいたすところで、エルごめんね。

では遅ればせながら、お誕生日の写真をアップ。

d0120388_2226780.jpg

エ「ママン!これは何!全部エルのおやつ?」
マ「そーよ♪エル5歳の誕生日おめでとう!」


d0120388_22263622.jpg

エ「ママン!どうしてかっこいいお皿が悲しいお皿になったの?」
マ「焦ってついそばにあったの使ったものだから・・・・生活感でちゃってゴメンね♪」


d0120388_2227196.jpg

エ「そらちゃん!プレゼントありがとう♪今度一緒にモビーさん行こうね!
  そらちゃんのお手紙ハンカチ、エル少しずつクンクンするね。」


d0120388_22272337.jpg

マ「これはね、うちからのプレゼント。このお洋服は暑い日にお水に濡らして散歩に
  行くと、エルの体を涼しくしてくれるっていう特別なお洋服なの。気に入った?!」
エ「・・・・・・・・暑いのではやく脱がせてください・・・・・・」
[PR]

by ellemaman | 2007-06-14 22:48  

恩義

今大騒ぎのコ○スン。
利益優先のやり口は、トップがどんなに釈明しても許せない事実なのだろう。
しかしながら、コ○スンに過去一宿一飯の恩義がある私としては
それをすっかり忘れて攻め立てることができない。
私が知ったコ○スンで働いている人たちは、皆、いい人たちだった。
介護に熱心に取り組んでいる人たちだった。
実際コ○スンの介護を受けていたお年寄りの中にはヘルパーさんと
いい関係でいて、今回のことを私と同じような気持ちで見ている人もいるだろう。
もちろん、嫌な思いをした人もいるだろうけれども、それはなにもコ○スンだけに
限ったことではない。
企業のトップが問題を引き起こすと、苦労するのはいつも末端で働いている人。
トップとは比較にならないお給料で汗水流して働いているのに。
現場で介護に携わる方たちの貴重な存在を軽んじるようなことにならないよう、
マスコミも一般の人も冷静に事態を判断してほしいと思う。

冬には昼の1時ごろ行っていたエルの散歩の時間が、暑さをはずすために
少しずつずれていく。今は午後4時ごろ。
室内でエルが舌を出している時間も長くなってきた。
散歩から帰って来るとお水に一直線の日も増えてきた。
夏はもうそこまで来ている。

d0120388_2363373.jpg

[PR]

by ellemaman | 2007-06-08 23:15  

不惑の年も過ぎたのに

1年で一番いい季節が今かもしれない。
暑くもなく寒くもなく、ワンの散歩にもあまり時間を選ばない。
クーラーも暖房も要らないから光熱費も助かる。
こういう季節にエルを連れてあちらこちら旅に出れればいいのだけど、
人様の体験記や旅行記を見て妄想し、行った気になるだけで
むなしく時は過ぎていく。

時が過ぎていくと言えば、図書館にあまり足を運ばなくなって久しい。
一昔前は、あそこに行けば読みたい本が一杯見つかって
10冊借りれる枠を目一杯利用して重たい布袋を抱えて往復した。
でも今、足が向かないのは、借りてきても、落ち着いて読書に
時間を費やせる自分じゃないことがわかっているから。
そして、ひとたび外に目を向ければ、いつのまにか新しい世界が
どんどん私の理解の及ばないところに広がっていて、そのスピードに
ついていけていない自分を自覚してがっかりしてしまうことがわかっているから。

今自分は生まれてから、そう、30歳くらいまでに培った経験と知識の貯金だけで
生きている気がする。貯金はどんどん減っていき、補充しないから、
もう底が尽きてきてヘロヘロ状態(笑
昔の昔、大学を卒業する時、恩師から私たちにいただいた言葉。
「みなさん、これまで学んだことのみでこれから先をやっていこうとすれば
必ずいつかは行き詰まります。常に学び続けることを忘れずに。」
あぁそれなのに、それなのに・・・・。
目の前にあることのみを追って、たどり着いたこの年齢の時に、
あの言葉がよみがえる。

家族も大事、仕事も大事、よりよい人間関係を得ることも大事、健康も大事、
自分を生きるも大事、学ぶことも大事。
そういう大事なことの一つ一つに対して、丁寧に対処できている人って、
いるんだなぁ~、これが!
その人には1日30時間くらい与えられているんじゃないのかしら?って
思えるくらい上手に生活している人。
時間配分、力配分は人それぞれで、これだと絶対うまく行く、というものは
ないけれど、私なりのバランスがとれる日が来るのはいつのことだろう。

d0120388_2348340.jpg

エルパパの部屋の和室にあるマッサージ機の裏に居たエルが
かわいかったからと、再現するためにまたまたパパに無理やり連れ込まれたエルは
不満一杯の表情(笑
「エルは別に今ここに来たくないのに・・・・!(プンプン」
[PR]

by ellemaman | 2007-06-05 00:10  

こんな日もある

昨日は異様に忙しくも、エルの生き生きした写真が撮れたので、
珍しく前回と日をあかさず日記更新!

まず朝は一番で日記ならず、免許更新へ。
ビデオを含む講習を30分受けたが、あらためて、少しの気の緩みで
いつでも人を殺めてしまう加害者になりうることを再確認し、気持ちを引き締めた。
中でもなるほどと思ったことは、事故の3大キーワードは?と問われれば、普通は
「スピード・わき見・酒酔い」あたりが頭に浮かぶのだが、なんと、
「交差点・自転車・高齢者」だそうで、つまり、新聞に大きく扱われるような大事故は
前の3つのようなことが原因だが、頻繁に身近な所で起きている事故は、後の
3つが絡んでいることが多いということなのだろう。
「交差点に入ってくる自転車に乗ったお年寄り」がいたら、一番事故の確率が高まる
ということ、うん、これはうなずける!十分気をつけよう。

で、帰ってきたら気候が涼しくてエル姉が午前中空いていたので、急遽久しぶりに
エルを近くの大きい公園へボール投げをしに連れて行くことにした。
本当に久々なのでエルは大興奮!
地面が砂や土ではなく適度に野原になっていると、足にも負担が少なく安心安心。
そんなに長くはいなかったが、どれだけ満足したかはこのエルの笑顔を
(実は息を切らしてハァハァ言っているだけなのだが)ご覧あれ♪

d0120388_1013972.jpg

d0120388_10133129.jpg


で、帰ってきたらエルを足だけシャワーして、お昼を食べて、エル兄のバイト予定先に
書類を取りに行くのに送り迎えして、次に買い物に付き合って、で、帰ってきたら
夕ご飯の買い物にエル姉と出かけて、で、帰ってきてご飯したくの途中で
エル姉をバイト先に送り、エル兄をはしかの予防注射を打ちに病院に送り込み
(昔、新三種混合をしたのに抗体がしっかり切れていた)、
風しんと一緒のワクチンしかなくしかたなしに12000円が飛んでいき、
帰宅中の夫と合流して家に帰り、夕ご飯を作って食べ、
少ししてバイト帰りのエル姉を迎えに行って・・・・・・1日が終わった。

ともかく昨日は、この近所の範囲内ではあるが、運転しまくり。
私がアッシー化した1日であった(笑
[PR]

by ellemaman | 2007-06-02 10:33