上野の科博に行く

あっというまに1週間、2週間と経っていってしまう。
えっ!このTV番組ついこの前見なかったっけ?!ということ、
みんなあるんじゃないかな(笑
2007年も半年が終わった。あとまた半年でお正月。
今年はにぎやかに迎えたいものだ。少し気が早かったかな。

先週、エル姉の学校の課題のため、上野の国立科学博物館に行った。
子供が小さい頃一度行ったことがあるが、何年ぶりだろう。
つい最近リニューアルされたとかで、私も結構楽しみに出かけた。

少し急ぎ足ではあったが、ともかく自然のなせる業にもう感動しっぱなし。
エル姉も小さい時は意味も分からず見ていた展示物が、今はそれなりに知識を得て、
一つ一つが重要な意味を持っていることを理解し、感心して見入っていた。
宇宙の歴史や地球の成り立ちを考えると、ちまちま悩んでいることなんか
本当にちっぽけに感じる。
生も死もこの大きな営みの中ではどうこうしようともがくものではないのかも。
この地球の空気や水や土の恩恵をたっぷりいただいて、仲間の植物や動物達と
仲良く共存して、自分の存在も宇宙の歯車の一つとして無理せず焦らず急がず
やっていけばいいんだな~、なんて思わせてくれる、
そんなひとときを過ごすことができた。

リニューアルされた展示物はどれもすばらしく、ケースの中はどこも見事なコレクションで
埋まっていた。もっとゆっくり見たかったな。

d0120388_21185135.jpg


たくさん撮った写真の中でこのブログに残しておきたい2枚は、まず
縄文時代の人々を模した人形の場所。ほら、もうワンが人間と共に暮らしている!
説明書きにも、「今日はごちそうだと喜ぶ犬。犬はこれより前からすでに人間に馴れて
共に暮らすようになっていて、その運動能力で人間の狩などを手伝った」というような
事が書かれていた。次の弥生時代のケースにも小さい子供に頭をなでられている
ワンの姿が。
これを見て、うんうん、そうなのそうなの犬は人間最古の友達ね・・・と、
キュンキュンしている見学者は、たぶん私だけではないと思う(笑

d0120388_2120811.jpg


もう1枚はおなじみの南極物語のジロ(右上)と忠犬ハチ公(下)の剥製。
この足で南極の大地を走って厳寒の地を生き抜いたんだ、
北大付属植物園のジロと並べてあげたらいいのに、とか、
このハチが今は物凄い人波のクロス交差点になっている渋谷駅前を
鎖も繋がれず行き来して、たくさんの人からご飯やおやつをもらっていたんだ、
のんびりしたいい時代だったな、とか思いながら、
この子達の生前の姿を想像していた。

d0120388_21303654.jpg


そして現代を生きる犬・・・・・・(笑
「このか~わいい寝方は、生き延びるために人間達を魅了する有効な方法の一つとして
進化の過程に身につけたポーズである」とか解説したらどうかな♪

d0120388_2131152.jpg

[PR]

# by ellemaman | 2007-07-08 21:53 | Comments(6)  

シェアするということ

楽しいこと、嬉しいこと、それらを人に話したり、ブログにアップしたりする
聞いてくれた、読んでくれたみんなが良かったねと言ってくれること、
どうだった?と反応してくれること、それが余計に体験や思い出をいいものにしてくれる
嬉しいことをシェアするのは心躍る
嬉しいことをシェアしてもらうのも心楽しい

悲しいこと、苦しいこと、それらはなるべく自分の中に閉まっておこうとする
話をすることも活字にすることも辛いから
そして聞いてくれた、読んでくれたみんなが励まそうとしてくださる言葉さえ
きちっと受け取る自信がないから
悲しみを、苦しみをシェアすることはなかなか私にはできないこと

しかし、その小心者の私にはできないシェアを、本でブログでしてくださる人たちがいる
最初、そういう人たちに出会った時は、強い人なんだと思っていた
悲しみを跳ね返せる人なんだと思っていた
でも、確かに強いことは強いのかもしれないけど
跳ね返す強さなのではなくて、受け入れる強さなんだ、って気付いた
ご自分の悲しみをみんなでシェアしてもらって、同じように辛い人たちに
苦しいのはあなただけではありませんよ、一緒に乗り越えて
明日の元気にかえていきましょう、って手を差し伸べる、
自己のみの世界から脱した大きな優しさなんだとも思った

ありがとうございます
私もそういう大きな心を持てるように努力したいと思います
(感じたことを忘れないようにここに書きとめておきます)

エルは実際的な生活ではもう手がかかってかかってしょうがないけれど
(一説には私が原因とも言われていますが)
たくさんのことに気付かせてもらっているね・・・・
これからもよろしくね
d0120388_10374395.jpg

[PR]

# by ellemaman | 2007-06-28 10:41 | Comments(10)  

初二人乗り?

今日は初めて私とエルだけで電車でお出かけをした。

2~3年前は電車での移動時とても静かでお利口だったのに、
去年の秋にエル姉と新しいキャリーカートで出かけた時、
終始フンフンアンアン高い声で鳴き、これから電車での移動はできないのかと
真剣に悩んだ。

で、「おそらく昔使っていたバッグなら大丈夫なのでは?」と思いながら、
その後バッグを使って外出する機会もなく、確かめることができずにいたのだが、
今日のお出かけ時にやっと試してみるチャンスを得た。

結果はもうバッチリ!ほとんど鳴くこともなくずっといい子のエルだった♪
古い方のバッグを買った時、エル姉が慣れさせようとまだ1~2歳だったエルを
おやつでつって、毎日バッグに入る訓練をしていたのを思い出す。
そしてこのバッグで北海道にも行ったっけ・・・・。
エルは覚えていたんだ。このバッグに入れば一緒に連れて行ってもらえる、
そういうふうに理解して、今回もおやつなどなしに進んで出入りしてくれた。

新しいもの・新しい環境に対する不安が、ワンにとっては人間が想像しているより
強いことはこれまでエルが何度も証明して見せてくれたが、バッグのことでは
逆のパターンでそのことをさらに思い知らされた。
せっかく買ったキャリーカートも、あきらめず少しずつ慣れていくよう訓練をすれば
大丈夫かもしれない。
またエル姉に訓練をお願いしよ~っと♪

というわけで、今日は都内のカフェでミューちゃんと初対面!楽しいひと時を過ごした。
ishiminさん、旦那様、暑い中ありがとうございました♪

d0120388_21173528.jpg

さすがにキャバリア、なかなか二人が同じ方向を見ず・・・・

d0120388_21175873.jpg

しかたなく一人ずついいお顔をア~ップ♪まずはミューちゃん☆

d0120388_21181627.jpg

そしてエルでした☆
[PR]

# by ellemaman | 2007-06-23 21:23 | Comments(4)  

エルの安全地帯

少し前の雷が酷く鳴った日のこと。
エルはともかく窓のそばを離れたがって、私達のところにも
擦り寄ってくるのだけど、最終的にはエルのなかで一番安全だと思っているらしい
食卓椅子の下にもぐるのがいつものパターンだった。
しかし、その日は器用にも椅子と椅子の隙間に入り込んだ(笑

d0120388_21573360.jpg

きれいにはまっているでしょ?

d0120388_2159952.jpg

横から見るとこんな感じ。

d0120388_21575869.jpg

前から見るとこんな感じ。

確かに、怖い時何かに囲まれるように狭いところに入るとなぜかほっとするものね。
自然の中の動物達も嵐の時は洞窟や土の中の狭い巣穴でひっそりと嵐が過ぎるのを
待つから、エルも同じなのだろう。
このかわいい姿が見たくて、ついつい雷がもう少し強く鳴ってくれないかな~なんて
夕立の度に思ってしまう私はいじわるかな?(笑
[PR]

# by ellemaman | 2007-06-18 22:12 | Comments(7)  

祝エル5歳!

約1週間前くらいからひき始めた喉風邪がどんどん悪化をたどり
熱こそないものの、私にとっての最大最悪の咳地獄に突入した(笑

まず、絶え間ない咳はもちろんのことだが、でも、これはかわいい方。
問題は突然やってくる発作性の「むせこみ」である。
これは一度始まると、もう誰にも止められない。
喉のお怒りが納まるまで、私はあふれ出る涙と鼻水とで顔中をぐちゃぐちゃにしながら、
胃が上の方に押し上がってくるような吐き気に何回も耐え、
時には大声で「ハッ!」とか「オウェ~!」とか言葉にならない言葉を発し
七転八倒するのである。

この5分ほどの発作が家の中で起きてくれればまだOKである。
今回はすでに、外で頻発。
運転中に起きた時は急いで駐車場に入り込んで事なきを得た。
買い物中は、お店の隅に駆け込んでしゃがみ、ひたすら発作が通り過ぎるのを待った。
一度は店員さんと話をしている最中に来て、すみませんちょっと・・・とあわてて
その場を離れた。あまりにも突然だったから、店員さんビックリしただろうな~(笑

こういう発作が起きる時の共通した原因は、はっきりしないのだが
よく考えてみると、やはり衣料品やホームセンターの品物から出る
化学物質のような匂いとか、隣に来た外国人女性の香水とか、
あるいは自分の家で作ったキムチ鍋から飛んだ唐辛子成分とか、
そんなものが発作を誘発する場合が多いことが分かった。
普段なんでもなくても、喉の粘膜が荒れて敏感になると、こんなに不自由するのだ。
私にはもともとのアレルギーは今のところないが、これが日常茶飯事だったら、
本当に薬に頼らなくては普通の生活はやっていけないなと、
その大変さが少し分かったように思う。

で、そんなこんなで日記が全く更新できずにいたうちに、
なんとこの日記の主役であるエル様のお誕生日を迎えてしまった・・・・。
ジャストの6月11日に「お誕生で~す!」なんて記事をアップしたかったのに、
ママンの不徳のいたすところで、エルごめんね。

では遅ればせながら、お誕生日の写真をアップ。

d0120388_2226780.jpg

エ「ママン!これは何!全部エルのおやつ?」
マ「そーよ♪エル5歳の誕生日おめでとう!」


d0120388_22263622.jpg

エ「ママン!どうしてかっこいいお皿が悲しいお皿になったの?」
マ「焦ってついそばにあったの使ったものだから・・・・生活感でちゃってゴメンね♪」


d0120388_2227196.jpg

エ「そらちゃん!プレゼントありがとう♪今度一緒にモビーさん行こうね!
  そらちゃんのお手紙ハンカチ、エル少しずつクンクンするね。」


d0120388_22272337.jpg

マ「これはね、うちからのプレゼント。このお洋服は暑い日にお水に濡らして散歩に
  行くと、エルの体を涼しくしてくれるっていう特別なお洋服なの。気に入った?!」
エ「・・・・・・・・暑いのではやく脱がせてください・・・・・・」
[PR]

# by ellemaman | 2007-06-14 22:48 | Comments(8)