膀胱炎

前回の更新から10日も経ってしまった。
その理由は今回は私の怠慢のみにあらず、エルの膀胱炎だった。
先週末に突然の血尿、翌日朝の尿を持って病院に急いで行ったところ、
大量の白血球と菌と膿などの沈殿物が検出され、細菌性膀胱炎という診断だった。
女の子にとってはそう珍しい病気ではないらしく、症状自体は抗生物質を呑めば
治まるのだが、エルは昨年頻尿で病院にかかった時、ストラバイト結晶の疑いも
あったらしく、今回の膀胱炎がストラバイト結晶と関連があるものならば、
今後長く治療を考えていかなければならない言われた。

5歳も過ぎればいろいろ出てきて当たり前とは思っていたが、
インターネットでストラバイト結晶について調べてみると、いろいろ複雑で、
食事療法や尿のphの検査などにかなり神経を使うらしいことがわかり、
一気にブルーになった私だった。
しかし、もしそうなったとしても、「おやつなし」なんてつまらない一生を
エルに送らせるわけにはいかないぞ、ならば手作りのご飯を作るまで、と、
この料理嫌いの私が、ワン用手作りの食事の本を探し始めた。

そして、今日尿の再検査の結果、ほとんど問題なくよくなっていることがわかった。
もう1週間薬を飲んでそのまま何事もなければ、一過性の膀胱炎とみなして
良いのだろう。膀胱炎は癖になると聞くので、これからも油断はならないが、
まずはほっとして、やっとブログを書く気になれた。
しかし、今回のことでいろいろ調べて得た情報を考え合わせた結果、
手作り食はワン自身が喜ぶのはもちろんのこと、ワンの健康のためにも
有効であるかもしれない思った。
完全に手作り食にしてしまうと、出先やホテルや災害時に困るので、
基本はドライフード、時々おやつとして、あるいは2食目として
ごはんを手作りにするのもいいな~と思い始めている。
とりあえず、参考になる本を取り寄せてトライしてみるつもり♪

それにしても、とうもろこしの芯騒動からまだ覚めやらないのに、
またまた病院通いで年末のお財布ピ~ンチ!(笑
「今日から人間のおかずを一品減らします」←エルママ幕府からのお触書

          病院の待合室で。
d0120388_21304131.jpg

          「ここまではいいんだけど・・・・台にのるとふるえちゃう・・・
           今日の注射は痛くありませんように・・・」
[PR]

by ellemaman | 2007-11-16 21:39 | Comments(8)  

Commented by ミント at 2007-11-18 14:25 x
エルちゃん、しばらくご無沙汰だったのでとても心配でした。
検査結果が良好で本当によかったですね。もしかしてお注射されちゃったのかしら?よくがんばったわね、エルちゃん!
手作り食、私もいつも気になりながら、やはりエルママさんのおっしゃるとおり、災害や一時預かりなどのことを考えると完全には難しいと考えてしまいます。
我が家ではほとんど手抜きでどちらかというと人間の料理の味付け前のものを取り分けておいて、そらのお皿にトッピングするようにはしているのですが、そら専用のごはんというところまでは至っていません。年をとってきて堅いものが食べづらくなってきたらいろいろ考えなくてはいけないかしらね。
Commented by まきまき at 2007-11-20 11:58 x
お久しぶりで~す。
エルちゃん膀胱炎だったのですね。快方に向かっているとのことで一安心です。お注射もしたのですね。痛かったのかな?でも良くなってホントよかった(^-^)
アンリも、1日お留守番でオシッコを長時間我慢していることが多いので、気を付けてあげなくちゃいけませんね~。
手作り食にも挑戦ですか!?私も市販フードは原材料や保存料など心配な問題が発生するたびに、やっぱり手作りのがいいのかなぁ…などと思ったりもしますが、いかんせん料理が苦手なので、どうしても踏み込めない領域だったりします(^_^;)
全部を手作り!と意気込まず、エルママさんのようにオヤツや2食目、トッピングなどで考えるといいかもしれませんね~。
Commented by apodia at 2007-11-20 21:49 x
エルちゃん、その後どうですか?
ディアナも避妊手術した直後に膀胱炎になったことがあります。
ストレスとかでもなるみたいで、ディアナの場合、日々の生活でもストレスも多いのかなぁと思いますが今のところは大丈夫みたいです。でも、飼い主が思うのと、犬達自身が感じるのは違ったりして、何がストレスなのかは難しいですネ…。
うちは、なま肉(馬肉)で育てています。いろんな意見がありますが、結果としてはよかったかなぁと思ってます(特にアポロンはアレルギー持ちなので)。 でも、やっぱり災害時などは心配なのですが、一応ドライのおやつでしばらくしのげるみたいなのと、手作りに比べたら断然楽ちん(笑)(ほぼドライフードとかわらない〜)
旅行の時は大変ですけど(笑)。年末の帰省分/も、クール便で送ります。
エルちゃん、早くよくなってね〜!


Commented by エルママ at 2007-11-20 23:37 x
☆ミントさんへ☆

おかげさまで、膀胱炎は一件落着したようです!
でもね、病院でお話したネコチャンがやはり同じく膀胱炎で来ていて、何回も繰り返すと飼い主さんがおっしゃっていたので、ホントこれからが心配といった面もあります。今回もこれといった原因が思い当たらないのでどうしたら防げるものやら・・・。
とりあえず水分を多めに取ることは大事なようなので、たまに鰹節や鳥ササミのだしの、おつゆたっぷり中身ちょっぴりの手作りスープとかあげてたらいいのかな・・・なんて考えてます。

トッピング、そらちゃんも毎日楽しみにしているのでしょうね♪
わがままエルだったら、トッピングだけ食べて、もっとこの上のところちょうだい!と目で訴えてきそうです(笑
Commented by エルママ at 2007-11-20 23:52 x
☆まきまきさんへ☆

どうも御心配ありがとうございました!元気になりました。
注射、水分を入れるために行く度に点滴打たれちゃいました(泣
背中の肉をぶよ~んとつまんでプスっと。先生のお話によると、あまり痛くないということなのですが、ホントかな??なんて疑ってます(笑
アンリちゃんはお留守番の時はおトイレはない状態なのかしら?
我が家はそうなのです。だから長時間の留守番のときは、囲いをもう少し広くして、トイレシートを敷ける部分を作ろうかな、とも思うのですが、なんかきちっとしたゲージじゃないと危なっかしいような気がして考えてしまっています。
まきまきさんもお料理苦手ですか!仲間だ~(笑
でも、基本ワンのご飯はリゾットのような感じでしょうから、意外に簡単かもしれませんよ。かわいいアンリちゃんのためですから頑張ってくださいませ~♪
Commented by エルママ at 2007-11-21 00:30 x
☆apodiaさんへ☆

おかげさまで今のところ元気でおります!
ディアナちゃんも膀胱炎されたことがあるんですね。
確かにストレスのことも獣医さんに言われました。今回に限っては思い当たるようなことはなかったと思いますが、人間が感じていないだけかもしれませんものね。気をつけなくっちゃ・・・。
お2人のご飯は馬肉、しかも生とはビックリしました!
でも先日読んだ「病気にならない生き方」という本に、「もともと野生動物は加熱してものを食べることはせず、それによりエンザイムとかいう酵素(?)を取り入れていたが、加工工程で加熱されてしまうドライフードではエンザイムはなくなってしまい、そのことがペットの病気につながっている、人間の口を舐めたがるのは唾液に含まれるエンザイムを欲しているからである」というようなことが書かれていましたので、apodiaさんの選択も、確かに!と思います!
私は納得しながらも、実行に移せませんが(汗
エルはアレルギーが出なかったので、食に関しては結構無頓着できた部分もありますので、まずは本を取り寄せて自分なりに研究してみようと思います。



Commented by yukari1220y at 2007-11-21 17:41
エルちゃん大変でしたね・・・。その後どうですか?
点滴、注射・・・痛いのに・・・・がんばったね~エルちゃん!
手作り食、私も最近始めました(*^_^*)
といっても、栄養バランスが心配なので、トッピングや2食目のみといった感じですが・・・(笑)
あまり難しく考えなくていいとか・・・6種類の色の食べ物をバランスよく入れてあげるようにしてます。
いろんな本がありますよね。私は須藤先生の本を参考に作ってます♪とてもわかりやすくてお勧めですよ(^_-)-☆
Commented by エルママ at 2007-11-21 22:31 x
☆ゆかりさんへ☆

すっかり良くなったようで、今日もあと残り2回のお薬を飲ませ忘れていて、朝のはずが夜飲ませてしまいました(汗
喉元過ぎれば・・・・にならないようにしなくちゃ、またかかってしまった時、後悔しますものね。あぶないあぶない(笑
凛くんも良くなられてよかったです!
ゆかりさんはもう手作りなさっているんですね。
私も本を買おうと思っていろいろ調べたのですが、どうやら須崎先生の玄米食派と本村先生の生肉派の2派があるようで、厳密に読み込むとお2人の説が反対らしく、迷っています。とはいえ、私も実はそんなにきっちりやれるわけでもなく、食べさせてはいけないというものだけはずせば後はごった煮~って感じになりそうなので、どちらでもいいようなものですが、本村先生の方は書店になく中身が見れないため須崎先生の本と比較できず、二の足を踏んでいます。
かかりつけの獣医は生とは言いませんが完全に肉食派で、野菜はまったく必要ないと言い切りますから、なんかまたお腹こわして「何食べましたか?」って聞かれて野菜玄米リゾットなんて答えたら、しっかり怒られそうで・・・・ホント困ってます(汗

<< ありがとう 豊かな心 >>